忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…

薬櫃、薬棚・・・小さい引き出しがずらっと並んでいる、時折アンティーク家具として見かける箪笥のようなものです。引き出しが沢山あるだけで、なんだかワクワクします。自分でも何を入れたのか、何が入ってるのかすっかり忘れています。そんな引き出しを一つ一つ開けていくように、自分の好きなものについてとりとめもなく記していこうかなと考えています。夢中になっているものはその時々で移り変わっていきますが、かつて好きだったものは嫌いにはならないものです。ふとした時に思い出して、たまらなく懐かしくなる、そんな時間を楽しむ自分のための備忘録のようなものかもしれません。


大学時代にある講義でヴァージニア・ウルフ(Woolf Virginia 1882‐1941)の「ダロウェイ夫人」という小説を読みました。その当時は、次から次へコロコロと移り変わってゆく主人公の心(いわゆる”意識の流れ”)が、あまりにも突拍子なく、まとまりなく感じられ、「何これ、こんな風に意識があっちこっち飛ぶなんて、ないわぁ…」とか思っていましたが、ふと気がついたら、今の私の思考回路というか、意識の流れのとりとめのなさといったらまさにこの状態ではありませんか!ちょっと驚愕しました。


私にとっての引き出しの中の宝物は、ある時は現実逃避の手段であり、ある時は癒しであり、ある時は刺激であり、そしてそれらは自分だけの秘密にしておきたいものなのですが、その一方で時には誰かと共有して、共感してもらいたい、理解してもらいたいものでもあるのです。ですから、もしここの記事を読んで、興味を持ったり、思い出したり、共感したり、何かを感じていただければ、それはまたとても嬉しいことでもあります。


というわけで、ダロウェイ夫人も真っ青の思考と妄想の暴走のまま、気の向くままにまいりますが、よろしければお付き合い下さいませ。


 

拍手

PR
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
Copyright (C) 2017 LMNの薬棚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]