忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…
最近面白いホラー映画がないなあ、なんて思っていたら、家族からこんなのを紹介されました。

http://www.bchorrorchallenge.com/

これはイギリスのホラームービー専門の製作会社がインディーズのホラーの発表場所を提供し、若手の才能を発掘しようとする試みのようです。見ると結構なスポンサーも付き、入賞作品が発表され、賞金や今後の製作賛助ももらえるようで、多くの応募があったようです。
上記ホームページからでも、youtubeからでも入賞作品を鑑賞することができます。どれも3分前後という短さの中で、見るものをいかに怖がらせるか、製作者の腕の見せ所であり、ホラームービーの真骨頂を感じることができます。とても面白い試みだと興味を引かれました。
上位入賞作品の一つを皆で見ていたのですが、冒頭からあっという間に引き込まれ、そして最後には全員で「ギャーッ!!」と叫んでしまいました。日曜の夜、団欒の時間です。大声が近所中に響き渡り、よく通報されなかったものだと思いました(笑)。
その後、私は結局上位入賞作品を全部見たのですが、どれもどこか既視感があり、くるぞ、くるぞというカメラワーク、臨場感のあるサウンド、効果音と音楽、そしてお約束・・・それらが全て3分に凝縮され、非常に濃い内容で、楽しめました。久々にドキドキして、純粋にホラーを楽しむことができました。
それにしても、人は何に対して恐怖を感じるのでしょうか。暗闇?怨霊?怪物?わけのわからないもの?殺人鬼?死?悪魔?・・・作品にはこれらのものが大体網羅されていたように思います。オカルトあり、都市伝説あり、古典的ホラーあり。しばらく忘れていた感覚が蘇ってきて、自分のホラー好きを再認識しました。
私は過度に暴力的な、ただ血が流れるだけのスプラッタはあまり好きではありませんが、その他の題材は何でも面白いと思えます。吃驚させて怖がらせるものより、じわじわと精神的に追い詰められるものが好きかもしれません。そしてどこか少し古典的な匂いのするものが好きです。
最近ではオカルトとか怪物とかはっきりカテゴリーには入りきらない、「わけのわからないもの」に対する恐怖が描かれていることが多いと思います。代表的な作家ではスティーブン・キングの作品でしょうか。救いのない、後味の悪いエンディングのものも多いです。
個人的には閉鎖された空間に迫り来る絶望とか、人間の心の闇、集団ヒステリーなんかの方が、怪物よりも恐ろしいと思います。
久しぶりに良い刺激になりました。

Youtubeより一つ作品紹介(苦手な方はご覧にならないよう願います)

                                ベスト監督賞受賞作  私達が叫んでしまったものです・・・ 




拍手

PR
ジャッキーチェンがハリウッド進出して、アジアのアクションスターとして有名になり始めた頃から、香港映画は複雑に進化して、枝分かれしていったように思われます。古典的なアクション映画、コメディ映画、文芸作品という流れにそれまでにはなかった新しい潮流が加わりました。それが、いわゆる「香港ノワール」と呼ばれる分野です。
香港ノワールとは、香港製のフィルム・ノワール、平たく言えば任侠もの、やくざものですが、フィルム・ノワールのイメージよりももっとバタくさく、男くさい感じです。チョウ・ユンファ(周潤發)の「男たちの挽歌」から火がついて、この手の作品が爆発的に流行りました。とにかく派手にドンパチがあるのですが、アクションというよりも、ベタベタの人情、任侠、義理、しがらみ、プラス男の面子(メンツ)wの描写に重きが置かれていて、クセになる面白さがあります。そしてもうひとつの特徴として「女がでてこない」ということがあります。厳密には出てはくるのですが、決してヒロインポジションではありません。存在感薄いです。甘い恋愛もありません。描かれるのはあくまで「男の世界」が中心です。
しかしこの独特な香港ノワールの世界は香港がイギリスから中国に返還されて以降、次第にその影が薄くなります。時代の変化、文化の変化が香港の任侠世界にも変化を及ぼし、様変わりしました。イギリス統治時代の香港は「古き良き(?)過去」となりました。

2002年、そんな混沌の過渡期の香港を舞台にとんでもないノワール映画が作られました。それが、「インファナル・アフェア(原題:無間道)」です。この後2003年には3部作として、二部「無間序曲」、三部「終極無間」が製作されました。
警察からやくざの世界へとやくざの世界から警察へ、奇しくも同時期にスパイとして送り込まれた二人の若者の壮絶な運命が描かれており、その完成度たるや、ある意味香港ノワールの集大成であり、頂点の作品とも言えると思います。主演はトニー・レオンとアンディ・ラウ、もうこれだけでも見る価値あり。苦悩する男の渋さ、カッコ良さが全面に溢れています。しかし何と言ってもそのストーリーが秀逸で、あまりに素晴らしいため2006年にはハリウッドで、そして今年のお正月ドラマとして日本でもリメイクされました。(ハリウッド版題名は「Departed」、日本ドラマ版の題名は「ダブルフェイス」) ハリウッド版も、日本ドラマ版も出来は決して悪くはなく、ちゃんと原作のリスペクトもされていますが、私はどうしても、このストーリー、この世界観はやはり「香港」でなければならないのだと感じました。
香港という閉ざされた、矮小な世界に渦巻く濃~い人間ドラマ、香港の任侠世界はイタリアンマフィアの世界とも、日本のヤクザの世界とも異なるのです。それは映画の端々のちょっとした描写などで逆に鮮烈に感じられます。ヤクザの組長たちが息詰まる駆け引きをする屋台の火鍋屋であったり(野菜はレタスw)、猥雑な雑居ビルの中の部屋であったり、警察で出される食事であったり、TVやラジオで流れる曲であったり、取引の手はずや、敵の始末の仕方(怖い!)であったり・・・ それらはどれも決してスマートではなく、そして常に香港独特の、じっとりと汗ばむような湿っぽさ、むせかえるような温度やにおいがつきまとっているのです。
「無間道」だけでも非常に完成された作品であるように思いますが、三部合わせて見ることにより、物語に一層深みが増します。個人的には二部の過去編がこれまたツボでした。過去は・・・王道ですよね。アンディ・ラウの若い頃をエディソン・チャンが、トニー・レオンの若い頃をショーン・ユーが演じていますが、この二人がまたイケメンで、雰囲気がピッタリです。若い、尖った、切ないほろ苦さを余すところなく魅せてくれます。たまりません・・・!
堅気の世界で生きようとしていたもの静かな長男が、意に反して父親の跡目を継ぐことになる、その変わりっぷりをフランシス・ンが鬼気迫る演技で見せてくれて、とても印象深いです。その他のキャストも非常に豪華でそれぞれに、これ以上ないほど合っています。
ハラハラ、ドキドキ、何度見ても面白い、「インファナル・アフェア」三部作は香港返還という忘れられない出来事と共に私のお気に入りの香港映画コレクションの一つになりました。

     
 2002年 アンドリュー・ラウ監督    若き日の二人を演じたエディソン(左)とショーン(右)   若いっ!







拍手

カンタレラ(cantarella)は、あの有名なイタリア貴族のボルジア家が暗殺に用いたとされている毒薬の名前です。
スイスの歴史家、ヤーコプ・ブルクハルトは著書の中で「あの雪のように白く、快いほど甘美な粉薬」と形容しているそうです(wikiより)が、実際にはそのような毒があったのかは疑わしいとされ、塩野七生さんなどはカンタレラとはボルジア家の頭脳であるチェーザレのことを比喩していたのではないかと言っています。
もし毒薬があったとすれば、それはマンダラゲ(チョウセンアサガオ)であるという説、ハンミョウの仲間が分泌するカンタリジンであるという説、プトマイン(屍毒)であるという説、そして砒素化合物であるという説があります。私としてはなんとなく、マンダラゲかカンタリジンというイメージなのですが、これらは暗殺に使うには弱すぎるらしいです。

ボルジア家、といえば真っ先に塩野七生の小説「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」と惣領冬実の漫画「チェーザレ 破壊の創造者」が思い浮かびます。これらは世界史(特に中世ヨーロッパ)好きにはもちろん、そうでなくても非常に興味深く、想像力をかきたてられる、そしてこの時代や背景をもっと深く知りたいと思えるお勧めの作品です。
ルネサンス期のヨーロッパの暗さ、混沌さ、恐ろしさといったら・・・
そんな私が最近友人から貸してもらったDVDで知ったのが、海外ドラマ「ボルジア家」です。
しょっぱなからローマ法王のコンクラーベ!(余談ですが、このコンクラーベ、ずっと「根比べ」だと思っていましたw わざとイタリア語っぽく発音しているのだと… 確かに決定までの様々な陰謀や人々の思惑、数日にわたるカンヅメ状態での投票やそれを外で待つ人々など、根比べ以外の何物でもありませんね・・・)
このコンクラーベ、数々の映画にもなっていますがすごいです。怖いです。カトリックというものが文化として生活の基盤にない私達には測りかねるものがありますが、それでも感じ取ることができます。最近では映画「天使と悪魔」でも描かれていましたね。
衣装も、ロケもセットも最高に美しい!そしてなにより物語にぐいぐい引き込まれます。あらゆる欲が渦巻いており、ものすごく人間臭いです。映像もある時は暗く、ある時は埃っぽく、ある時は眩しく、某大河ドラマの「画面の汚さ」など目じゃありません。内容は過激でかなりオトナ向けではあります。またもうすぐ続編の第二部が放送されるそうなので、すごく楽しみです。

ニコニコで「カンタレラ」というミュージカルがあることを知りました。未見ですが(チョットこわい)・・・それから「カンタレラ」という漫画はまだ読んでいません。ご存じの方がいらっしゃれば教えていただきたいです。


       
なぜか家にある毒草の本。イラストが美しいです            こちらはお勧めのドラマ「ボルジア家」

 



拍手

タイトルで何のことかすぐ分かった方、香港映画好きですね!
そう、これはブルース・リーとジャッキー・チェンのことです。TVでまだ○曜洋画劇場が毎週やっていた頃、私はいわゆるアイドルや歌手に全く興味がありませんでした。ところがたまたまこの二人の映画(ブルース・リーは「燃えよドラゴン」、ジャッキー・チェンは「蛇拳」だったと思います)を見て、この二人が、そしてカンフー映画が大好きになりました。
もともと格闘技を見るのは好きでした。なぜだか思いだせないのですが、もしかしたら祖父の家の机の上にいつも「ゴング」というプロレス雑誌がおいてあり、それを見ていたせいでしょうか。特撮ヒーローが好きだったせいでしょうか。それともアニメの「タイガーマスク」や「空手バカ一代」や「あしたのジョー」が好きだったせいでしょうか。戦う、格闘するということが、とても男らしくてカッコ良く、戦う姿や肉体がとても美しいと思っていました。
功夫(カンフー)というものを知り、飛び道具を使わない、スピード感あふれる生身の戦いに魅せられました。ブルース・リーの鍛え上げられた精神と肉体と技術とクールな言動、ジャッキーチェンのヘタレが苦しい修行に耐え、奥義を身につけ、潜在能力を爆発させて拳で悪者をやっつける姿に胸を熱くしました。TVで放映される二人の映画はそれこそ必死で、かかさず見たものです。一人で映画館に観に行ったのもジャッキー・チェンの映画がおそらく初めてだったと思います。
今あらためてDVDで見てみると、チープなセットや同じ顔ぶれの悪役達、赤というよりピンク色に近い血糊、すごすぎる効果音(当時はこれは本当に拳が宙を切る音だと思ってた)、ベタなストーリー展開、唐突な「終劇」の巨大な文字・・・とまさに突っ込みどころ満載なのですが、それがいいのです。これこそが、ゴールデンハーベスト全盛時代の香港カンフー映画なのです。
好きが高じて、香港のこの二人のファンクラブに入ってしまいました。「広東語4週間」という本を買い、本気で勉強しようと思いました。意味もなくカンフーシューズを買いました。そして極めつけはヌンチャク。ブルース・リーの華麗なヌンチャクさばきに憧れて、いったいヌンチャクはどこに行ったら買えるのか、当時はネットもなく、もちろん通販もなく、たしか電話帳(!?)で調べて遠くの武道具屋さんまで電車で行き、「ヌンチャクください。」と言ってなけなしのお小遣いをはたいて買ってきました。結構な値段したと思います。非常に硬い木製で、鎖ではなく紐で繋がったものでした。それを持って毎日夕刻家の近くの人気のない田んぼへ行き、一人で練習しました。なかなか難しく、背中や腕に青あざがいっぱいできましたが、なんとかヒュンヒュンと回せるようになり、満足しました・・・今思えば完全に危ない人です。もはや通報レベルです・・・
その後いつの間にかヌンチャクも弟に取られてそれっきり、広東語も「すみません」「私は日本人です」だけであとは忘れてしまいました。ブルース・リーは若くして亡くなって伝説となり、ジャッキー・チェンも香港を飛び出し、ハリウッド進出の後はカンフー役者ではなくなり、アクションスターの大御所となって、もはや次世代に技を伝授する師父の立場になりました。
それでも私の中ではこの二人はやはり永遠のヒーローであり、ほろ苦い思い出(爆)と共に熱い闘魂を思い出させてくれる青春の欠片の一つなのです。

カンフー映画好きになったことがきっかけで、他の香港、中国映画にもその興味は広がってゆきました。そのことはまた次の機会に。

 

   

ジャッキーの初期のカンフー映画のBlu-rayコレクションボックスが発売されました!欲しいです。「少林寺木人拳」の主題歌が好きでした。特にB面の「ブロークン・ブロッサム」という歌は本当に隠れた名曲だと思います。入っているのでしょうか・・・

 






 


拍手

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
Copyright (C) 2017 LMNの薬棚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]