忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
最新コメント
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

はじめに

薬櫃、薬棚・・・小さい引き出しがずらっと並んでいる、時折アンティーク家具として見かける箪笥のようなものです。引き出しが沢山あるだけで、なんだかワクワクします。自分でも何を入れたのか、何が入ってるのかすっかり忘れています。そんな引き出しを一つ一つ開けていくように、自分の好きなものについてとりとめもなく記していこうかなと考えています。夢中になっているものはその時々で移り変わっていきますが、かつて好きだったものは嫌いにはならないものです。ふとした時に思い出して、たまらなく懐かしくなる、そんな時間を楽しむ自分のための備忘録のようなものかもしれません。


大学時代にある講義でヴァージニア・ウルフ(Woolf Virginia 1882‐1941)の「ダロウェイ夫人」という小説を読みました。その当時は、次から次へコロコロと移り変わってゆく主人公の心(いわゆる”意識の流れ”)が、あまりにも突拍子で、まとまりなく感じられ、「何これ、こんな風に意識があっちこっち飛ぶなんて、ないわぁ…」とか思っていましたが、ふと気がついたら、今の私の思考回路というか、意識の流れのとりとめのなさといったらまさにこの状態ではありませんか!ちょっと驚愕しました。


私にとっての引き出しの中の宝物は、ある時は現実逃避の手段であり、ある時は癒しであり、ある時は刺激であり、そしてそれらは自分だけの秘密にしておきたいものなのですが、その一方で時には誰かと共有して、共感してもらいたい、理解してもらいたいものでもあるのです。ですから、もしここの記事を読んで、興味を持ったり、思い出したり、共感したり、何かを感じていただければ、それはまたとても嬉しいことでもあります。


というわけで、ダロウェイ夫人も真っ青の思考と妄想の暴走のまま、気の向くままにまいりますが、よろしければお付き合い下さいませ。


 

拍手

PR

Vikings~海の覇者たち~

自分の精神力が創造とアウトプットに傾くときと、その真逆に吸収とインプットに傾くときがあります。ここ一年ほどずっと後者が続いているようで、時間があれば本や漫画、アニメ、ドラマ、映画に費やしていました。まさに充電期間であると言い訳をしておきます。
人からすれば、ちっとも創造的でなく、ひたすら消費しているだけの趣味の時間に見えるかもしれませんが、自分的には非常に充実した、満たされた時間です。楽しくて仕方ありません。

最近鮮烈な印象に残った「Vikings~海の覇者たち~」というドラマがあります。海外では非常に評価も人気も高いのですが、日本ではあまり知られていないようなので、ぜひもっと周知され、このドラマのファンが増えることを願って紹介したいと思います。(そして是非一緒に語り合いましょう)
これはカナダのヒストリーチャンネルが初めて製作した海外歴史ドラマで、2013年から全世界で放送され、現在第5シーズンまで終了し、2020年第6シーズンで終了することが決定している壮大なドラマです。


ヴァイキングと言えば、「ヴィンランド・サガ」という大好きな漫画があり、ちょうどこの夏にそれがアニメ化されたので、嬉々として見ていました。こちらのアニメも第二クールに続くので喜んでいます。それでこのドラマにも興味が湧き、軽い気持ちで見始めたのですが、すっかりハマってしまいました。ストーリーが進んでいくごとに続きが気になって気になって、連日寝不足になりました。(だいたいドラマにハマると一気見せずにはいられません。これが週一でしか見られないなんて、リアルタイムで見ていた人達はもうすごいストレスだったでしょうね!私なら我慢できませんね!)
私達が普通思い描くヴァイキングのイメージは、北から船に乗ってやって来る野蛮な略奪者、殺戮者というテンプレの、乏しいものです。このドラマは北の民(North Men)の伝説的英雄ラグナルの半生を立軸に、彼らの中に目線を置いて進んでいきます。彼らの生活、文化、思考、宗教、政治、民族、戦い・・・8世紀の北欧を舞台に、当時のイギリスやフランス、地中海、アイスランドなどを巻き込んだすさまじい歴史の物語です。
まず、ほとんど知らなかった彼らの生活がとても興味深い。驚いたことに、普段は彼らも豊かではないが土地を持ち、細々と農業や酪農を営み、民主的に穏やかに暮らしているのです。政治も決して領主や王の専制ではなく、自由に発言もでき、裁判もあり、他の専制君主制の国々よりよほど自由で人々は生き生きとしています。男女や身分による差別もないようです(奴隷というものはあった)。ただ基本祭政一致であり、宗教が生活を支配しています。いわゆる北欧神話の神々を信じ、祀る宗教です。オーディン、トール、ロキ、フレイヤなど、私達にもなじみのある神々が会話の中に何度も登場し、人々は戦って、死んでヴァルハラへ行くことを究極の目標とします。男性だけでなく、女性も戦士です。強いです。生まれながらに戦うことを教えられるのです。しかしよく見れば、戦士ではない人々もいるので、戦士になるかどうかを選べるのかもしれません。彼らにとって海を越えて外の世界へ出て、襲い、略奪することは生活の一部であり、そこに罪悪感はありません。しかし次第にその活動範囲は広まり、略奪するだけではなく、外の豊かな世界、土地を恒久的に手に入れ、安定した生活を求めるようになっていきます。そしてその目的を達成するのを邪魔するものは当然全て敵とみなします。
昨日の敵は今日の友。逆もまたしかり。仲間と裏切り、友情と家族、名誉と愛情・・・常に状況は目まぐるしく変化し、一体何のために、誰と戦っているのかわからなくなるくらいです。そして戦闘は重量級の肉弾戦。船から下りれば馬に乗ることもありますが、盾と剣、または斧を持ち走って突っ込んでいきます。そう、斧です!鉄槌のようなものもあったような。とにかく一撃が重い!激しい!痛い!
敵から矢が飛んでくると「Shield Wall!」と叫んで一斉に盾で壁を作るのが何度も出てきますが、恰好イイです。が、矢はこの盾を結構ガンガン貫通することを見ると矢で攻撃することは非常に有効であることがわかります。
とにかく戦闘、殺戮シーンが多く、流血もすごいです。血糊、という方がしっくりくるほどに。集団戦法も武器も、いろいろ出てくるので兵法好きには非常に惹かれるものがあります。
それから、宗教の関係で生贄が捧げられる状況も多く(時には人間も)、正視できないシーンもありました。彼らにとっては血は重要な意味を持ち、血を顔に塗ったり、飲んだりすることもたびたび出てきます。このような儀式や宗教も興味深いものです。このドラマを観た後に、北欧神話についてももっといろいろ調べたくなりました。
また、ヴァイキングの侵攻を侵攻される側からの視点で見れば、彼らは異教徒であり、蛮族であり、暴徒で、許すまじき敵であるわけです。この物語には最初に略奪に会うイングランドの修道院の修道士が重要な登場人物として出てきます。この人物と、主人公ラグナルの関係を通じて、キリスト教文化とキリスト教以外の異教(異文化)のぶつかり合いとお互いへの影響が描かれており、これがまさにこの物語の横軸だとも言えるでしょう。異文化への反発、興味、そして受容、融合。異なるものを許容できる者、許せない者。
地理と歴史と伝説と。壮大ですが、昼ドラのようなドロドロした人間模様もあり、面白いです。引き込まれます。そして、物語は主人公が死んだ後、次の世代へと移っていきます。戦いは終わることはありません。ヴァイキングたちは何を目指し、どこへ行くのか・・・最終シーズンが楽しみで仕方ありません。

登場人物も魅力的です!好きだったキャラが嫌いになったり、嫌いだったキャラがだんだん好きになったり・・・以下は素直な(?)ネタバレ感想になりますので、ドラマ未視聴の方はご注意ください!

============ネタバレ注意!==============

ラグナル、はじめは主人公にしてはそれほどインパクトないと思っていたけど、じわじわときた。人を惹きつける不思議な魅力がある。笑顔がキュート。でも晩年が辛かった。あそこまで老い、弱くなり、孤独になる必要があったのか。否、そんな「人間臭い」最後だからこそ後に人々の心の英雄になるのかもしれない。あの衝撃的な最期の伝説は昔どこかの本で見て、印象に残っていた。まさかあれがラグナルだったとは。
ラゲルサが登場人物の中で一番好き。美しくて強い。こんな人がいるのにアウスラグにたぶらかされたことが、悲劇の始まり。ラグナルの最後の航海で、おそらく一番幸せだった頃の自分の家族の幻を見る場面があるが、そのラゲルサが本当に美しすぎる(何度も戻して再生した)。
ラグナルにとって最後に求めたものはやはりラゲルサであり、あの頃の家族と自分だったと思いたい。
フロキは本当にあれで最後なのか?確かに辿り着いた現実はあまりにも残酷だった。そもそも彼にしか感じられない、理解できない土地に他人を連れていったのが間違いだったのだ!あの地の話はイライラするだけだった。でもフロキだから生きてる可能性もあると思いたい。皮肉にもフロキはあれほど愛する神の世界になかなか行けない。
ロロ!もういい加減にしてほしい。ブレるにも限度がある。見た目も性格も良いキャラなのに…やはり一度裏切った者はまた裏切る、ということを証明してしまった。それでも自分の中のヴァイキングの魂は捨てられないのだろう。ずっと自分のアイデンティティに悩み続けるのだろう。腹が立つけど、なんか不憫だし憎めない。
なんでみんなそんなにアセルスタンが好きなの?どうして?教えて、エグバード王!自分の血を引いていないのに、本当の孫を差し置いてそこまでアルフレッドに肩入れする意味がわからない。
ハーバードは結局何者で何がしたかったの?少なくとも私はものすごく世俗臭く感じた。なぜ皆彼に惹かれるの?もしかしてメンタリスト!
ヘアマンド司祭、出てきた瞬間に叫んでしまった。背徳の王冠~!やはり中の人はこういう役が似合う。
身勝手で、したたかで、浅慮な女性キャラがこれでもかと出てきて、腹が立ってしかたないけど、最後はだいたいどれも留飲が下がるから、まあ許そう。

しかし、どのキャラも魅力的だ。そして当時のヴァイキング達と彼らの侵攻を受ける国々の文化や自然、生活、そして歴史はこれまであまり詳しく描かれていなかったし、知るすべもなかったが、このドラマを通してそれらに触れ、興味が広がったことは何よりの収穫だった。
早く続きが見たああい!








拍手

青い蜜柑

青い蜜柑が出回る季節になりました。
少し小ぶりで薄い皮がピンと張っており、剥くと独特の爽やかな香りが瞬時に立ち上ります。

私にとって青い蜜柑は、母方の祖父の思い出に直結します。祖父は私の小学校の運動会に、5年生まで毎年必ず来てくれました。私は運動嫌いで、運動会などちっとも楽しくなかったけれど、たしか3、4年生までは運動会のお昼は家族と一緒にお弁当を食べ、それだけは嬉しかった記憶があります。その後なぜか生徒は教室で家族と別れて食べなければいけなくなりましたが、あれば来られない家族もいるからという配慮だったのでしょうか。
祖父は運動会に必ず青い蜜柑と柿と栗の茹でたものを持ってきてくれました。祖父は兵庫県丹波地方の生まれで、丹波は栗の名産地です。柿はおそらく祖父の家の庭で採れたものだったでしょう。
せっかく見に来てくれても活躍もできず、徒競走はほぼビリだった私を、祖父はにこにこして見ていてくれました。そして、「頑張ったなあ。さあ食べ、さあ食べ」と青い蜜柑をむいてくれました。
そんな祖父はその後脳梗塞で倒れ、6年生の運動会を見に来ることはありませんでした。
母達の話と、私の記憶を合わせると、祖父は戦争で全てを失いながら、斬新なアイデアで新しい商売を立ち上げ、何でも自作してしまう器用な人でした。ユーモアがあり会話は常に冗談ばかり。音楽(流行歌)が好きで、そういえば家はいつもレコードがかかっていました。三味線なども嗜み、小唄を唄うような粋なところもありました。褌の愛用者でした。負けず嫌いで、自分の子供にも孫(私達)にも厳しいけれど、頑張って何かで結果を出したり、表彰されたりすると人一倍喜んでくれました。祖母にとっては(子供には計り知れないような)いろんな苦労があったようですが、私は祖父が大好きでした。
健康オタクでもあったのに、まだ若くして倒れ、体がいうことをきかなくなったことは祖父にとってどれだけ悔しかっただろうと考えます。それでも祖父が弱音を吐いた姿を見たことはありませんでした。

祖父は私が高校1年の秋に亡くなりました。
祖父と見に行った桜や牡丹、寒いのに母に内緒で買ってくれたアイスクリーム、母の留守に祖母と二人で家に来て作ってくれた甘酢玉葱、好物の実山椒の佃煮など、祖父に繋がる思い出のものは他にもありますが、やはり青い蜜柑が店頭に並び始めた時、そして青い蜜柑を口に入れた時、私は必ず祖父を思い出します。
そして思います。私に流れている4分の1は祖父の血なのだと。
今の私を見たら、祖父はこんな私に何と言ってくれるのでしょうか。




拍手

リンクの訂正とコメントの御礼

しばらく更新できずにいました。低調だった体調も持ち直し、最近は元気にやっております。

Twitterのリンク先を訂正しました。こちらのアカウントは主に動物保護、動物愛護関係の情報収集のために作ったものです。動物愛護と言うと、なぜか敬遠されたり、冷ややかな目で見られることが多く、悲しく思っています。自分のためだけではなく、多くの人に現状を知ってもらい、厳しい状況を改善していくためには、発信することも必要だと感じています。
その他には、たまに旅行や自然、歳時記関係の話題もありますが、だいたい低浮上です。
MMD、漫画、映画、アニメ関係のアカウントはもう一つのブログ「お蔵」の方から飛ぶことができます。

それから、「世界の文豪童話シリーズ」記事にコメントをくださり、ありがとうございます。拍手コメントでいただいたので、お返事を返すことができませんでした。
このシリーズを知っている方がいらっしゃることがわかり、大変嬉しかったです。内容や思い出について、もっともっとお話ししたかったです。ありがとうございました。

こちらのブログもまたこれからぼつぼつ更新していけたらと思っています。


拍手

台湾面白見聞録(3)

引き続き、台湾でみつけた面白いモノ、興味深いコトを紹介します。

(3)夜市
台湾の夜市は決まった場所で、年がら年中毎日開いています。日本でお祭りや縁日の時に開かれる屋台の夜店とは少し違います。
有名な夜市がいつくかありますが、ここは特に食べ物屋さんが多いとか、ここは衣類が充実しているとか、ここは遊戯が多いとかそれぞれ特徴があり、あちこち行って比較してみると面白いです。
昼からずっと開いているお店があり、そこに夕方から屋台が加わる感じです。屋台は店の前(道の両側)に出ることもあり、道の真ん中に出ることもありますが、道の真ん中に出ている店はおそらく未許可の店であるらしく、たまに警察が見回りに来ると、一斉に荷車を引いてダーッとどこかへ移動して、しばらくするとまた戻ってきます。人でごった返している中これをやられると、結構びっくりするし、危ないです。
台湾は昼間は暑いので、夜に買い物をすると聞きましたが、夜市は真夜中近くまでやっていて、晩御飯の後、家族連れでぶらぶら散策する娯楽の場所でもあるようです。夜9時を過ぎても小さい子供連れを見かけることがあり、日本との時間の感覚の違いを感じました。もちろん若者もグループで、ペアで、多くそぞろ歩いています。ネオンが明るく光り、音楽が聞こえ、賑やかでエネルギッシュで、これが毎日のことだとはまったく驚きます。特に週末や休日は混んでいます。
だいたいどこの夜市もメインの通りがあり、そこからいくつもの路地に広がるように店がありますが、少し離れると店も少なく、暗くなり、人気もなくなります。暗い路上では賭け事や怪しい品物の勧誘、ひったくりなどもあるようなので女性一人での外れた道の探検は危ないかもしれません。
大きな夜市は路地がまた路地へ続き、入り組んでいて迷路のようです。グルグル回ってまた気がついたら元の場所などということもあります。また、廟(道教や土着宗教の神社)やお寺の周りであることも多く、突然出くわす濃く漂う線香の香りと赤や黄色の提灯や蝋燭の明かりは、夜市の雰囲気作りに一役買っています。
夜市では何でも売っています。食品、衣類、靴、アクセサリ、日用雑貨、化粧品、おもちゃ、アイデアグッズ、CD、DVD、電化製品・・・台湾はPC周辺機器やモバイル関連グッズとアクセサリーも非常に充実しており、安く手に入ります。まあ、総じて品質はあまり良いとは言えませんが、デザインなどは流行の先端のものも多く、雑貨も意外と面白いものが安価で売っているのを見るとついつい物色したくなります。以前は悪名高い「偽ブランド品」が数多く売られていましたが、今は取締りも非常に厳しくなり、偽物はほとんど見なくなりました。
そして夜市のもう一つの楽しみは小吃(軽食、スナック)!これもそれぞれの夜市で有名なものや、そこでしか食べられない限定品などがあり、TV番組や雑誌でよく紹介されています。昔ながらのものから、流行のものまで、さまざまです。夜市の食べ物エリアに一歩足を踏み入れると、漂ってくる強烈な匂いは、おそらく「臭豆腐」です。最初は「絶対無理!」と思っていたこの臭豆腐、今では私の大好物になりましたが、当時日本から遊びに来た親は「あの匂いだけはダメ」と息を止めて店の前を通過していました。他にも揚げ物の油の匂い、薬膳鍋の漢方薬の匂い、果物の匂い、串焼きの匂い、甘い焼き菓子の匂い、杏仁の匂い、香菜の匂い、牛肉麺の匂い、香腸(甘いソーセージ)を焙っている煙の匂い・・・これらが混ざって一気に押し寄せてきます。慣れればこの匂いも、ワクワクを盛り上げてくれるものとなり、「さあ、今日は何を食べてみようかな~」といろんなお店を覗いてみるのです。
今ではすっかり整備され、清潔になり、建物の中に集められたり、整然と並ぶようになった食べ物エリア(美食広場、などとも呼ばれていますが)ですが、昔は床はなぜか常にビチョビチョ、ヌルヌル、大きな天幕の下にお店がゴチャゴチャに並び、テーブルも椅子もさしずめ椅子取りゲーム状態で、見ると店の大鍋にはなみなみと油が満たされ、それがプロパンの炎で熱せられて、ゴーッとものすごい音をたてています。そのすぐ横をヒヤヒヤしながらすり抜けながら、「これは危ない、危なすぎる・・・もし今この鍋が傾いて油があの火に引火したら・・・一巻の終わりだ!」などと考えるとおちおちそこで食べる気にもなりませんでした。このことは今でもその時遊びに来た親や兄弟と思い出話の端に上っては、笑っています。
また、清潔さに関しては少し怪しい気もしますが、幸いにも私は今まで一度も夜市の食べ物で当たったことはありません。夏はカキ氷や氷沙(シェイク)、愛玉檸檬(ゼリードリンク)や豆花、冬は湯圓(白玉入りスープ)や花生湯(ピーナツスープ)が美味しいです。有名な胡椒餅や生煎包(水煎包)、例の揚げた臭豆腐と泡菜(キャベツのピクルス)、牡蠣煎(牡蠣入りお好み焼き)などもお気に入りです。
晩御飯の後でも、ついつい食べたくなってしまう夜市の小吃の魅力には誰もが負けてしまって、皆何かしらをどこかで食べています。ひと時の熱に浮かされたような魅力あふれる夜市はまるで毎夜繰り広げられる宴のようで、なんとも楽しいのですが、帰り道には、めくるめく喧噪と眩しい光から解放された時に感じる静けさと暗さの落差に、祭りの後のようなノスタルジックな感覚に襲われるものです。

夜市・・・それはひと時のハイな気分をお手軽に楽しめる場所。年中無休でやってます。










拍手



忍者ブログ [PR]

graphics by アンの小箱 * designed by Anne