忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
某大河ドラマ「平清盛」が終わりました。視聴率、視聴率、と散々責められ続けていたようですが、私はそこまで悪くはなかったと感じました。ただ、平清盛の生涯に焦点を絞りたかったのか、大好きな「平家物語」のここぞというエピソードが少なかったことと、平家に相対するものとしての源氏が中途半端に描かれてしまったことが物足りなさを感じた原因でしょうか。
私にとっての平家物語は吉川英治の「新平家物語」と言っても過言ではありません。高校生の頃、伯父が出張の際に新幹線の中で読んだから、と言って読み終えた「新平家物語」の文庫本をくれました。ちょうど古文の授業でも「祇園精舎」を暗誦させられたりしていたので、何の気なく読み始めたのですが、少し読んだだけで、もうすっかりハマってしまいました。登場人物一人一人が非常に魅力的に描かれています。悪人ですら魅力的です。文章には勢いがあり、リズムが良くて読みやすく、スッと入ってきます。一つ一つのエピソードがまるでドラマを見ているように具体的に想像できます。それでいて物語の底には一貫して「もののあはれ」「諸行無常」が流れており、とても格調高く、情緒的です。文庫本で全16巻ですので、かなりのボリュームですが、途中飽きることもなく、ほぼ一気に読み終えたような気がします。何度泣かされたことか・・・歴史小説でこれほど涙をしぼることになるとは思いませんでした。さすが日本を代表する大衆作家です。
学校の日本史でさらっと習う平安末期から鎌倉への時代が一気に身近なものに感じられ、この本のおかげで歴史が好きになりました。この本で読んだエピソードとおぼろげな記憶に残っている幼い頃読んだ(見た)子供向けの平家物語の美しい挿絵があいまって、私の頭の中ではいくつかの名場面集が出来上がっています。いつかこれらを映像化できたらいいな~なんて夢を描いています。

幸運なことに、下関市在住の友人がおり、何度か遊びに行かせてもらったことがあります。その時まず連れて行ってもらったのが、壇ノ浦でした。はじめて下関側から眺めた時の高揚した気持ち・・・時代は一気に800年前です。その昔まさにここで平家は滅亡したのです。お昼を過ぎて潮の流れが逆に変わり、平家方の船がちりぢりになってゆく・・・赤い旗が水面に無数に漂ってゆく・・・静かな関門海峡が目の前に広がる小高い展望台に立ちつくしながら、壇ノ浦の合戦の描写を思い出していました。
関門海峡といえば、幕末の長州藩の砲台も再現されており、こちらも非常に興味深いです。幕末に関する場所も付近に沢山あり、歴史好きにはたまりません。なかでもお気に入りは高杉晋作が騎兵隊を旗揚げした功山寺です。山門が渋く、趣があり、初夏の頃もみじの若葉とのコントラストがとてもきれいです。
この壇ノ浦、春の大潮の時には驚くほど潮が引き、ずっと沖のほうまでなんと若布(ワカメ)が黒々と茂っているのが見えるそうです。大型船も通る海峡なのに、そんなになるのですね。地元の人たちは若布を刈りに海へ入るそうで、関門海峡の門司側の山の上には「和布刈(めかり)神社」なるお社があるそうです。これはこれでまた面白そうです。諸星の世界ともほんの少しリンクするような・・・

そんな壇ノ浦はいつかまた訪れてみたい場所の一つです。今度はぜひ春の大潮の時に。


拍手

PR
落鳥・・・・・・文字通り、鳥が木の枝から落ちること、すなわち鳥の死を意味します。

先日ウチのセキセイインコが死にました。18歳になるところでしたので、すごく長生きしてくれたと思います。もしかしたら、ギネス級かもしれません。
昨年11月末のある日、朝いつも通り鳥カゴにかけてある布を取ると、止まり木のいつもの場所に姿が見えず、見るとカゴの隅のほうに落ちていました。仰天して、すぐ手にとりましたが、すでに意識もなく、体は冷たくなりかけており、私は覚悟しつつもとにかくひたすら手でマッサージを続けました。するとなんと羽がぴくっと動いて足をモゾモゾさせ、目を開き、息を吹き返したのです!
それでも予断を許さない状況です。とにかく保温して、体力を戻すためにも何か食べさせないといけないので、むき粟をお湯に浸してスプーンで口に運びました。はじめはお湯を少し飲むだけでしたが、徐々に粟玉を食べ始め、本当に奇跡的に回復しました。スプーンで素直に粟玉を食べる様子はまるでヒナのようでした。それからはなんとか低い止まり木にとまり、自分で大好きな皮つき粟の穂を食べられるまでになりましたが、きれいだった長い尾羽や風切り羽も抜け落ちて、ヒヨコのような姿になりました。私達は「赤ちゃん還りだ~」と言ったり、「名前をGrace(グレース、恩恵の意味)に変えないと」とか言ってました。(ウチでは死の淵から生還したペットはすべてGraceと呼んでいますw)
クリスマスまでもたないかと思っていたのに、年も越せ、この子の生命力には本当に驚きました。それでも徐々に徐々に弱っていって、鳴き声も日に日に小さくなり、一日のほとんどを寝て過ごすようになりました。足もほとんど動かず、それでも自己主張はしっかりと、最後までこちらの言うことに反応していたように思います。飼い主バカかもしれませんが、とても頭が良く、言葉の意味や、状況をとてもよく理解できるインコだったと思います。
わかっていても、家族として一緒に暮らしていた動物が死ぬことは、受け入れ難く、辛いものです。さっきまで温かかった体がみるみる冷たく、固くなってゆくのを感じることは、本当に悲しく、寂しいものです。この子の一生は幸せだったのかな、と考えるといろいろ後悔ばかりがよぎり、涙が止まらなくなります。
それでも私はこの子と出会えて、とても幸せな時間を過ごせたことは確信しています。
インちゃん、本当にありがとう・・・ゆっくりおやすみ。

インちゃん(セキセイインコ ルチノー種 オス)17歳  2013年 1月20日 永眠 


拍手

カンタレラ(cantarella)は、あの有名なイタリア貴族のボルジア家が暗殺に用いたとされている毒薬の名前です。
スイスの歴史家、ヤーコプ・ブルクハルトは著書の中で「あの雪のように白く、快いほど甘美な粉薬」と形容しているそうです(wikiより)が、実際にはそのような毒があったのかは疑わしいとされ、塩野七生さんなどはカンタレラとはボルジア家の頭脳であるチェーザレのことを比喩していたのではないかと言っています。
もし毒薬があったとすれば、それはマンダラゲ(チョウセンアサガオ)であるという説、ハンミョウの仲間が分泌するカンタリジンであるという説、プトマイン(屍毒)であるという説、そして砒素化合物であるという説があります。私としてはなんとなく、マンダラゲかカンタリジンというイメージなのですが、これらは暗殺に使うには弱すぎるらしいです。

ボルジア家、といえば真っ先に塩野七生の小説「チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷」と惣領冬実の漫画「チェーザレ 破壊の創造者」が思い浮かびます。これらは世界史(特に中世ヨーロッパ)好きにはもちろん、そうでなくても非常に興味深く、想像力をかきたてられる、そしてこの時代や背景をもっと深く知りたいと思えるお勧めの作品です。
ルネサンス期のヨーロッパの暗さ、混沌さ、恐ろしさといったら・・・
そんな私が最近友人から貸してもらったDVDで知ったのが、海外ドラマ「ボルジア家」です。
しょっぱなからローマ法王のコンクラーベ!(余談ですが、このコンクラーベ、ずっと「根比べ」だと思っていましたw わざとイタリア語っぽく発音しているのだと… 確かに決定までの様々な陰謀や人々の思惑、数日にわたるカンヅメ状態での投票やそれを外で待つ人々など、根比べ以外の何物でもありませんね・・・)
このコンクラーベ、数々の映画にもなっていますがすごいです。怖いです。カトリックというものが文化として生活の基盤にない私達には測りかねるものがありますが、それでも感じ取ることができます。最近では映画「天使と悪魔」でも描かれていましたね。
衣装も、ロケもセットも最高に美しい!そしてなにより物語にぐいぐい引き込まれます。あらゆる欲が渦巻いており、ものすごく人間臭いです。映像もある時は暗く、ある時は埃っぽく、ある時は眩しく、某大河ドラマの「画面の汚さ」など目じゃありません。内容は過激でかなりオトナ向けではあります。またもうすぐ続編の第二部が放送されるそうなので、すごく楽しみです。

ニコニコで「カンタレラ」というミュージカルがあることを知りました。未見ですが(チョットこわい)・・・それから「カンタレラ」という漫画はまだ読んでいません。ご存じの方がいらっしゃれば教えていただきたいです。


       
なぜか家にある毒草の本。イラストが美しいです            こちらはお勧めのドラマ「ボルジア家」

 



拍手

生きものが大好きです。
物心ついたときから、生きものと一緒に暮らしていた気がします。ペットとしての生きもの(哺乳類、鳥、両生類)はもちろん、捕獲してきた魚や虫、その魚や虫が生んだ卵から孵った次世代、落ちていた鳥のヒナなど・・・
小学生の頃はとにかく生きものを捕まえることに情熱を燃やしていました。毎日のように外へ出て何かを捕まえて帰ってきました。飼育方法を一生懸命調べて、飼おうとしました。でも、野生の生きものは飼育は簡単ではありません。いろいろな失敗を重ね、目の前で消えてゆく命になすすべもなく、何度も辛い思いをしました。そして、野生の(自然の)生きものは飼育するものではない、ということを学びました。
生きものたちには本当に可哀想なことをしたと思います。自然の中で生きている命はとても強くて美しく、かけがえなく、いとおしく感じるようになりました。生きものをもっと知りたい、そして守りたいと強く思うようになりました。
とにかく図鑑を見ることが大好きでした。今でも大好きです。ただ眺めているだけで、すごく楽しいのです。ファーブル昆虫記や、シートン動物記が好きでした。小学校の図書室では戸川幸夫や椋鳩十の動物物語ばかり読んでいました。ドリトル先生に憧れました。
哺乳類はもちろん反応がわかりやすく、かわいいのですが、鳥類のかわいさも異常です。鳥ってなんて美しい生物なんだろうと思います。でも鳥の中で特に好きなのはスズメだったりします。爬虫類もユニークで、かわいいと思えます。魚類にも昆虫にも興味が尽きません。
では、苦手な生きものはないのか?考えてみると、興味はあるのですが、見た目がなぜか苦手というものがいます。それがクモの仲間とムカデやヤスデの仲間です。不思議なことに同じ節足動物でも昆虫は平気だし、ゴキブリなどもそれほど苦手ではありません。もちろん人間にとってはバイ菌をまきちらす害虫なので、見つけたら駆除しますが、ゴキブリだって人間より遥か昔から、もともとは森に住んでいたものが、文明の発達につれて人間と共生するようになり、あの生態と見た目から、極度に嫌われてしまったもので、少し可哀想な気もします。しかし、私もクモやゲジ、ムカデに出くわすと反射的にギョッとします。ヒヨケムシなど、写真を見ただけで倒れそうです。小さなものならまだ大丈夫ですが、「巨大~」とかいう写真を見た時は変な叫び声が出てしまいました。以前ヤスデが大発生し、山道で車がスリップしているいうニュースを見た時には想像しただけで軽い眩暈を覚えました。冷静に考えると、ただ見た目によってそこまで嫌われてしまう生物に同情を禁じえませんが・・・こればかりは理屈じゃなく、生理的なものです。人によって、例えば蛇が苦手とか、とにかく虫が苦手とか、犬が苦手とか、いろいろありますよね。そんな気持ちもわかりますし、生きものが苦手という人を非難するつもりも全くありません。
どちらかといえば家にこもっていることが好きなのですが、外へ出ると生きものを探してしまいます。虫を見つけると、そっと手に取って、見て、それからまた元の所に戻します。カエルやトカゲを見つけると嬉しくなります。鳩でもカラスでも、姿を見ると癒されます。今は家の周りに自然が少なく、さみしい思いをしていますが、いつか自分の家の庭にビオトープを作って、生きものを観察しながら暮らすのが夢です。
今ウチにいるのは、犬と鳥(インコ)、ウーパールーパーだけです。犬も鳥もすっかり老齢です。
とにかくさまざまな生きものと暮らした経験だけは豊富です。生きものによって私の人生が潤っていることは間違いありません。 生きもの万歳!




拍手

タイトルで何のことかすぐ分かった方、香港映画好きですね!
そう、これはブルース・リーとジャッキー・チェンのことです。TVでまだ○曜洋画劇場が毎週やっていた頃、私はいわゆるアイドルや歌手に全く興味がありませんでした。ところがたまたまこの二人の映画(ブルース・リーは「燃えよドラゴン」、ジャッキー・チェンは「蛇拳」だったと思います)を見て、この二人が、そしてカンフー映画が大好きになりました。
もともと格闘技を見るのは好きでした。なぜだか思いだせないのですが、もしかしたら祖父の家の机の上にいつも「ゴング」というプロレス雑誌がおいてあり、それを見ていたせいでしょうか。特撮ヒーローが好きだったせいでしょうか。それともアニメの「タイガーマスク」や「空手バカ一代」や「あしたのジョー」が好きだったせいでしょうか。戦う、格闘するということが、とても男らしくてカッコ良く、戦う姿や肉体がとても美しいと思っていました。
功夫(カンフー)というものを知り、飛び道具を使わない、スピード感あふれる生身の戦いに魅せられました。ブルース・リーの鍛え上げられた精神と肉体と技術とクールな言動、ジャッキーチェンのヘタレが苦しい修行に耐え、奥義を身につけ、潜在能力を爆発させて拳で悪者をやっつける姿に胸を熱くしました。TVで放映される二人の映画はそれこそ必死で、かかさず見たものです。一人で映画館に観に行ったのもジャッキー・チェンの映画がおそらく初めてだったと思います。
今あらためてDVDで見てみると、チープなセットや同じ顔ぶれの悪役達、赤というよりピンク色に近い血糊、すごすぎる効果音(当時はこれは本当に拳が宙を切る音だと思ってた)、ベタなストーリー展開、唐突な「終劇」の巨大な文字・・・とまさに突っ込みどころ満載なのですが、それがいいのです。これこそが、ゴールデンハーベスト全盛時代の香港カンフー映画なのです。
好きが高じて、香港のこの二人のファンクラブに入ってしまいました。「広東語4週間」という本を買い、本気で勉強しようと思いました。意味もなくカンフーシューズを買いました。そして極めつけはヌンチャク。ブルース・リーの華麗なヌンチャクさばきに憧れて、いったいヌンチャクはどこに行ったら買えるのか、当時はネットもなく、もちろん通販もなく、たしか電話帳(!?)で調べて遠くの武道具屋さんまで電車で行き、「ヌンチャクください。」と言ってなけなしのお小遣いをはたいて買ってきました。結構な値段したと思います。非常に硬い木製で、鎖ではなく紐で繋がったものでした。それを持って毎日夕刻家の近くの人気のない田んぼへ行き、一人で練習しました。なかなか難しく、背中や腕に青あざがいっぱいできましたが、なんとかヒュンヒュンと回せるようになり、満足しました・・・今思えば完全に危ない人です。もはや通報レベルです・・・
その後いつの間にかヌンチャクも弟に取られてそれっきり、広東語も「すみません」「私は日本人です」だけであとは忘れてしまいました。ブルース・リーは若くして亡くなって伝説となり、ジャッキー・チェンも香港を飛び出し、ハリウッド進出の後はカンフー役者ではなくなり、アクションスターの大御所となって、もはや次世代に技を伝授する師父の立場になりました。
それでも私の中ではこの二人はやはり永遠のヒーローであり、ほろ苦い思い出(爆)と共に熱い闘魂を思い出させてくれる青春の欠片の一つなのです。

カンフー映画好きになったことがきっかけで、他の香港、中国映画にもその興味は広がってゆきました。そのことはまた次の機会に。

 

   

ジャッキーの初期のカンフー映画のBlu-rayコレクションボックスが発売されました!欲しいです。「少林寺木人拳」の主題歌が好きでした。特にB面の「ブロークン・ブロッサム」という歌は本当に隠れた名曲だと思います。入っているのでしょうか・・・

 






 


拍手

PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
Copyright (C) 2017 LMNの薬棚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]