忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…
[1]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
引き続き、台湾でみつけた面白いモノ、興味深いコトを紹介します。

(3)夜市
台湾の夜市は決まった場所で、年がら年中毎日開いています。日本でお祭りや縁日の時に開かれる屋台の夜店とは少し違います。
有名な夜市がいつくかありますが、ここは特に食べ物屋さんが多いとか、ここは衣類が充実しているとか、ここは遊戯が多いとかそれぞれ特徴があり、あちこち行って比較してみると面白いです。
昼からずっと開いているお店があり、そこに夕方から屋台が加わる感じです。屋台は店の前(道の両側)に出ることもあり、道の真ん中に出ることもありますが、道の真ん中に出ている店はおそらく未許可の店であるらしく、たまに警察が見回りに来ると、一斉に荷車を引いてダーッとどこかへ移動して、しばらくするとまた戻ってきます。人でごった返している中これをやられると、結構びっくりするし、危ないです。
台湾は昼間は暑いので、夜に買い物をすると聞きましたが、夜市は真夜中近くまでやっていて、晩御飯の後、家族連れでぶらぶら散策する娯楽の場所でもあるようです。夜9時を過ぎても小さい子供連れを見かけることがあり、日本との時間の感覚の違いを感じました。もちろん若者もグループで、ペアで、多くそぞろ歩いています。ネオンが明るく光り、音楽が聞こえ、賑やかでエネルギッシュで、これが毎日のことだとはまったく驚きます。特に週末や休日は混んでいます。
だいたいどこの夜市もメインの通りがあり、そこからいくつもの路地に広がるように店がありますが、少し離れると店も少なく、暗くなり、人気もなくなります。暗い路上では賭け事や怪しい品物の勧誘、ひったくりなどもあるようなので女性一人での外れた道の探検は危ないかもしれません。
大きな夜市は路地がまた路地へ続き、入り組んでいて迷路のようです。グルグル回ってまた気がついたら元の場所などということもあります。また、廟(道教や土着宗教の神社)やお寺の周りであることも多く、突然出くわす濃く漂う線香の香りと赤や黄色の提灯や蝋燭の明かりは、夜市の雰囲気作りに一役買っています。
夜市では何でも売っています。食品、衣類、靴、アクセサリ、日用雑貨、化粧品、おもちゃ、アイデアグッズ、CD、DVD、電化製品・・・台湾はPC周辺機器やモバイル関連グッズとアクセサリーも非常に充実しており、安く手に入ります。まあ、総じて品質はあまり良いとは言えませんが、デザインなどは流行の先端のものも多く、雑貨も意外と面白いものが安価で売っているのを見るとついつい物色したくなります。以前は悪名高い「偽ブランド品」が数多く売られていましたが、今は取締りも非常に厳しくなり、偽物はほとんど見なくなりました。
そして夜市のもう一つの楽しみは小吃(軽食、スナック)!これもそれぞれの夜市で有名なものや、そこでしか食べられない限定品などがあり、TV番組や雑誌でよく紹介されています。昔ながらのものから、流行のものまで、さまざまです。夜市の食べ物エリアに一歩足を踏み入れると、漂ってくる強烈な匂いは、おそらく「臭豆腐」です。最初は「絶対無理!」と思っていたこの臭豆腐、今では私の大好物になりましたが、当時日本から遊びに来た親は「あの匂いだけはダメ」と息を止めて店の前を通過していました。他にも揚げ物の油の匂い、薬膳鍋の漢方薬の匂い、果物の匂い、串焼きの匂い、甘い焼き菓子の匂い、杏仁の匂い、香菜の匂い、牛肉麺の匂い、香腸(甘いソーセージ)を焙っている煙の匂い・・・これらが混ざって一気に押し寄せてきます。慣れればこの匂いも、ワクワクを盛り上げてくれるものとなり、「さあ、今日は何を食べてみようかな~」といろんなお店を覗いてみるのです。
今ではすっかり整備され、清潔になり、建物の中に集められたり、整然と並ぶようになった食べ物エリア(美食広場、などとも呼ばれていますが)ですが、昔は床はなぜか常にビチョビチョ、ヌルヌル、大きな天幕の下にお店がゴチャゴチャに並び、テーブルも椅子もさしずめ椅子取りゲーム状態で、見ると店の大鍋にはなみなみと油が満たされ、それがプロパンの炎で熱せられて、ゴーッとものすごい音をたてています。そのすぐ横をヒヤヒヤしながらすり抜けながら、「これは危ない、危なすぎる・・・もし今この鍋が傾いて油があの火に引火したら・・・一巻の終わりだ!」などと考えるとおちおちそこで食べる気にもなりませんでした。このことは今でもその時遊びに来た親や兄弟と思い出話の端に上っては、笑っています。
また、清潔さに関しては少し怪しい気もしますが、幸いにも私は今まで一度も夜市の食べ物で当たったことはありません。夏はカキ氷や氷沙(シェイク)、愛玉檸檬(ゼリードリンク)や豆花、冬は湯圓(白玉入りスープ)や花生湯(ピーナツスープ)が美味しいです。有名な胡椒餅や生煎包(水煎包)、例の揚げた臭豆腐と泡菜(キャベツのピクルス)、牡蠣煎(牡蠣入りお好み焼き)などもお気に入りです。
晩御飯の後でも、ついつい食べたくなってしまう夜市の小吃の魅力には誰もが負けてしまって、皆何かしらをどこかで食べています。ひと時の熱に浮かされたような魅力あふれる夜市はまるで毎夜繰り広げられる宴のようで、なんとも楽しいのですが、帰り道には、めくるめく喧噪と眩しい光から解放された時に感じる静けさと暗さの落差に、祭りの後のようなノスタルジックな感覚に襲われるものです。

夜市・・・それはひと時のハイな気分をお手軽に楽しめる場所。年中無休でやってます。










拍手

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
Copyright (C) 2017 LMNの薬棚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]