忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…
[13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [9]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
落鳥・・・・・・文字通り、鳥が木の枝から落ちること、すなわち鳥の死を意味します。

先日ウチのセキセイインコが死にました。18歳になるところでしたので、すごく長生きしてくれたと思います。もしかしたら、ギネス級かもしれません。
昨年11月末のある日、朝いつも通り鳥カゴにかけてある布を取ると、止まり木のいつもの場所に姿が見えず、見るとカゴの隅のほうに落ちていました。仰天して、すぐ手にとりましたが、すでに意識もなく、体は冷たくなりかけており、私は覚悟しつつもとにかくひたすら手でマッサージを続けました。するとなんと羽がぴくっと動いて足をモゾモゾさせ、目を開き、息を吹き返したのです!
それでも予断を許さない状況です。とにかく保温して、体力を戻すためにも何か食べさせないといけないので、むき粟をお湯に浸してスプーンで口に運びました。はじめはお湯を少し飲むだけでしたが、徐々に粟玉を食べ始め、本当に奇跡的に回復しました。スプーンで素直に粟玉を食べる様子はまるでヒナのようでした。それからはなんとか低い止まり木にとまり、自分で大好きな皮つき粟の穂を食べられるまでになりましたが、きれいだった長い尾羽や風切り羽も抜け落ちて、ヒヨコのような姿になりました。私達は「赤ちゃん還りだ~」と言ったり、「名前をGrace(グレース、恩恵の意味)に変えないと」とか言ってました。(ウチでは死の淵から生還したペットはすべてGraceと呼んでいますw)
クリスマスまでもたないかと思っていたのに、年も越せ、この子の生命力には本当に驚きました。それでも徐々に徐々に弱っていって、鳴き声も日に日に小さくなり、一日のほとんどを寝て過ごすようになりました。足もほとんど動かず、それでも自己主張はしっかりと、最後までこちらの言うことに反応していたように思います。飼い主バカかもしれませんが、とても頭が良く、言葉の意味や、状況をとてもよく理解できるインコだったと思います。
わかっていても、家族として一緒に暮らしていた動物が死ぬことは、受け入れ難く、辛いものです。さっきまで温かかった体がみるみる冷たく、固くなってゆくのを感じることは、本当に悲しく、寂しいものです。この子の一生は幸せだったのかな、と考えるといろいろ後悔ばかりがよぎり、涙が止まらなくなります。
それでも私はこの子と出会えて、とても幸せな時間を過ごせたことは確信しています。
インちゃん、本当にありがとう・・・ゆっくりおやすみ。

インちゃん(セキセイインコ ルチノー種 オス)17歳  2013年 1月20日 永眠 


拍手

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
Copyright (C) 2017 LMNの薬棚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]