忍者ブログ
つれづれなるままに引き出しを開けると、自分でも忘れていたものを思い出したり… ぴったりの処方箋が見つかったり…
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12

去年の12月、もう年の瀬も押し迫った頃に、岐阜県関ヶ原市でイラスト展が開催されました。私の大好きなイラストレーター、長野剛氏の原画展です。
3日間だけの開催で、そのうち2日はなんとご本人が来場され、ライブペインティングをされることを知って、いてもたってもいられなくなり、思い切って出かけてきました。
関ヶ原にはずっと行ってみたいと願い続けていたのですが、こんな形で初めて訪れることになるとは思っていませんでした。
ずっと寒い日が続いており、その日もお天気が悪く、今にも雨が降り出しそうでした。どんよりと灰色をした琵琶湖を左手に、その向こうにはうっすらと雪を被った比叡山が眺められ、守山、草津を過ぎた頃にはいつしか電車の中の人もまばらになりました。米原で大垣行きに乗り換え、伊吹山がずいぶん近くに見えるなと思ったら、まもなく関ヶ原です。降りる人もまばらなこの駅で、駅を出たらその人影もあっという間に見えなくなり、前日確かめた地図ではたしか駅を出て真っ直ぐ、道なりに行けばよかったはずだと思ってとにかく歩き出しました。霙混じりの雪が次第に強くなり、心細さもひとしおです。道沿いに行けどもそれらしい建物も見えず、お店などもほとんど閉まっており、唯一ほっとしたのが、この秋に行われた関ヶ原祭りのポスターがお店の入り口に貼ってあるのを見かけた時でした。それにしてもどうも様子がおかしい。それでようやくたどりついたガソリンスタンドで道を尋ねると、会場であるホールはなんと駅の正反対の方角ではありませんか。もうちょっとちゃんと調べておくべきだったと後悔しながら今来た道を引き返し、駅を通り越して、山側(北側)に向かって歩き、会場に辿り着いた頃には体はすっかり冷え切っていました。

ホール内は暖かく、上着を脱いで階段を上がり、二階へ。入口で早速枚数限定の関ヶ原の戦いのポストカードをいただきました!ずらりと原画が並んでいます。大好きなイラストの原画です。もちろんイラスト集はいつも眺めていますが、原画がこれほど一堂に揃って並んでいるのは本当に壮観です。駆けだしたい気持ちを押さえつつ、端から順々に見て行きました。思ったよりも大きなものもあり、間近で見ると、その繊細なタッチと迫力に圧倒されます。驚くほど写実的で正確なデッサン、塗り重ねられた色の厚み、のびやかで力強い線、本当に美しいイラストです。男性はみな力強く、渋く、ハッとするほど男前で、女性はみな圧倒的に艶やかで美しいのです。長野氏の歴史人物のイラストは、随分前から私の頭の中の歴史人物像に多大な影響を与えてしまいましたw
一人感動しながら原画に見入ってると、何やら奥の方に人だかりができており、ため息まじりの賞賛の声が聞こえてきました。長野氏ご本人です!本人によるライブペイントが始まっていました。大勢の人が見守る中、氏は淡々と、黙々と筆を進めていらっしゃいました。ちょうど馬に乗って槍を構えている武将の顔を塗っておられるところでした。周りには沢山の種類の画筆と油絵具の類が置かれていました。筆は100本近くあるようでした。そして何より私が驚いたのはキャンバスの周りに所狭しと貼り付けられた資料の数々でした。それは雑誌の切り抜きのようなもの、映画のスチール写真のようなもの、図鑑のコピーのようなもので、人間の顔、衣装、甲冑、武器などの数種類の資料と馬や馬具の資料、画像もありました。それらを見つつ、キャンバスに描き込んでゆくのです。氏の手元は横の大きなモニターに映し出されていました。私はその前に陣取って食い入るように見せてもらっていました。ものすごく細かい仕事です。武将の顔の目元の皺、口元の歯の影一つ一つを膨大な資料を見ながら、少しづつ少しづつ筆が重ねられていきます。氏のイラストは油絵です。デジタル処理やCG加工はないので、全て手で描き込まれたものです。
氏は大勢の人の中、大変集中して描かれていました。一筆一筆はほんのわずかですが、気がつくと、いつの間にか武将の顔にはいきいきと表情が加わり、光と影が加わり、命が吹き込まれていくようでした。こんな素晴らしい作業を実際リアルタイムで間近に見ることができて、本当に夢のように楽しくワクワクした、あっというの幸せなひと時でした。
休憩の時に氏は気さくに周囲の人とお話され、質問などにも答えておられました。私も本当はいろいろお聞きしたかったのですが・・・手を上げて質問する勇気がありませんでした。ちょっぴり後悔しています。今度もし機会があれば、絶対いろいろお話するんだ・・・
もともと大好きだったイラストレーターの方ですが、今回お会いして、仕事を見せていただいて、素晴らしい原画を堪能することができて、ますますファンになりました!このような機会を与えて下さった関ヶ原市にもとても感謝しています。
長野剛さん、これからも素敵なイラストで私達に夢を与えて下さいね。ますますのご活躍を期待しています・・・!


日本の武将も素敵ですが、中国の武将のイラストも素晴らしいの一言です

拍手

PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
LMN
性別:
非公開
最古記事
ブログ内検索
来訪者
Copyright (C) 2017 LMNの薬棚 All Rights Reserved.

Photo by (c)Tomo.Yun   TemplateDesign by kaie
忍者ブログ [PR]